シャープ自社製品購入を社員にノルマ

シャープ自社製品購入を社員に迫る

シャープのトナーを買って
転売すれば一石二鳥とはいかない

なんといっても定価のような価格で購入させて
2%しかキックバックしないのです

これじゃ転売もできないのです

シャープ自社製品購入を社員に
これは過去何度もやっているんです

今回はマスコミでは
大々的に取り上げられています

ボーナスも1か月に減らされている
例えば30万

ここから
社員は5万円(自社製品ノルマ)払えというのは酷ではないか

従業員1万7千人が5万円買ったとして
8億5千万円也

下方修正の赤字の足しにもならない
むしろ

株価も缶ジュース以下の価格になりつつあるのですが
恥ずかしいのではないでしょうか

家電を購入してもらえるのが
社員というのは今のシャープを映し出しているようです

いいものを作って
世の中にない物をみつけて

世間の皆さまがほしいというものを
が先ではないでしょうか

シャープでトナーというと
複合機ですが

複合機を使っている顧客は
自社製品購入を社員にという号令はいい気はしないのではないでしょうか

大体不安ですね
ただ危ないシャープですが

複合機関連だけは好調みたいです
複合機は本体も高額ですが

トナーや保守でも儲けれるからです
社員に家電を買わせるという刹那主義ではなく

ほとんど販売していない
プリンターを開発して

トナーで儲けるとか
家電を半値以下で社員に卸して転売可能にするとか

ピンチの時は創業一族なんですが
早川徳次の末裔はシャープにいないのか