複合機の消耗品

複合機もコピー機の派生なので
複合機トナーは複雑です

よって
最安値トナーを使う場合にも要注意です

複合機はコピーやスキャン、プリンターに
FAX機能やADFと様々な機能が1台という

効率のよさそうな機械です
特に業務用複合機は

モノクロ複合機でも本体数十万
カラーなら100万円を超えるのも少数ではないです

この複合機の本体以上に
経費がかかるのがトナーやドラム、保守などです

ここでは割愛しますが
複合機によって非常に消耗品を使ってしまうからくりがあります

複合機のトナー事情は
1本に保守や消耗品を詰め込めたキット販売に

1枚数円と単価を決め
その中に保守やトナー代金など消耗品が含まれる

カウンター契約
どちらも考えると同じような仕組みです

メーカーはどう分けてるかというと
前者は月間使用枚数が少ない

後者は使用枚数が多い
前者は1枚換算すると8円

後者は1枚5円
これは例えばです

複合機にも激安なトナーがあります
しかし

カウンター契約なんかは
トナー代金が含まれているので

使用できなかったりします
完全にメーカーというか販売者にロックされる状態です

まさに
自由がないんです

例)
1万枚が43,000円
のものが

トナー最安値ルートで
7,000円

ここでいえるのは
複合機で経費削減を考えるなら

購入前から考え
本体選びが重要というのが見えます