トナー最安値とは純正は高いリサイクルは品質が低い

トナー最安値や激安をどうやって選ぶか探すか

メーカーの販売店でも知らない激安!
メーカーの部長や営業マンでも知らないルート

1本数千円のトナーがごろごろしている
そんなルートを公開したいと思います

トナーは一般的に純正品を推奨され使います
しかし高品質であるが高価

そこで中には品質の悪いリサイクルトナーや
新品であるが業者が作ったので品質があてにならない互換品

いやいや高品質で低価格といえば共通トナーでしょ
トナー最安値をどう選ぶ?

純正品の販売者業者の中から
純正の最安値をもしくは

何でもありの中から最安値のトナーを選ぶ
もしくは

最安値といえないかもしれないが価格と品質の折り合いがいいところのトナーがいい
こういうのを解説しながら

本気のトナー最安値とは何かを紹介

ユーザーはトナーをどんなルートで購入するのでしょうか

例えば
本体を購入した販売店から

メーカーからの直販で
カタログ通販会社から

グーグルで
トナー激安や最安値で検索

リサイクルトナー業者ばかりです
仮にリサイクルトナーでいいやって思っても

ある程度信頼できる業者かは別です
リサイクルトナー業者は

メーカーと違って
会社の規模が違いすぎます

一般的にこのあたりが
激安トナーを探す限界だと思っています

ここまでで結果は
純正品よりかなり安いが品質は問題がある

そして
最安値ではないということ

まだ激安トナーを深堀できます
あと2社~ほどチェックできます

A社:有名会社
C社:小企業
Z社:?

でこの3つはまだトナー最安値決定ではないです

ここから
非常識な激安トナールートを加えるのです

この非常識な激安トナールートは
リサイクル品ではなく

純正相当品の新品で
リサイクルトナーより安い

もしくはよく似た価格単価だとみています

>>> トナー最安値ルート公開

激安なトナーのルートを公開します!まさに非常識でプロ中のProも絶賛

 

リサイクルトナーの問題点を確認

・即配送のものは誰が使っていたものかわからない

・リサイクルトナーは カートリッジを引き取ってクリーニングや
 部品交換?その後、粉を挿入します考えれば中古品ですね

・中古ということで不良品に出会う確率があがる

・本体が故障でメーカーの修理において リサイクルトナーに
 問題があるとかで原因が曖昧になる可能性

・初期不良なんかでリサイクル業者の対応が迅速で確実かは不安です

・メーカーとのリサイクル業者との裁判に巻き込まれる

・リサイクルトナーがない機種もこれは市場で需要が少ないと効率が悪い

・小型のプリンターのトナーは思ったほど価格が安くない場合も

・リサイクル業者は純正品や共通トナーを扱っていないとなると
 リサイクルトナーしか知識がないので提案力が弱い

※リサイクルに関しては純正品に比べ突っ込みどころが多いんです
別にメーカーを応援してるんではないです

ただリスク管理は確認しておきましょうということです

互換トナーの問題点を確認

互換インクは昔からあるのですが
互換トナーも存在するんですね

互換トナーこそメーカーも裁判に力を入れないのでしょうか
それとも決着がついているのか?

互換トナーはなんとリサイクルより価格が安かったりします
互換トナーは金型からラインでトナーカートリッジを作っていくので

人件費がリサイクル品に比べてそんなにかからないからでしょう
リサイクルは引き上げたカートリッジ(中古)をクリーニングしたり

粉を注入するのを人がするので人件費がかかります
例えばエコリカという会社はインクの注入をフィリピンでやってるようです

互換トナーはリサイクルに比べて
新品なので誰が使っていたカートリッジかという不信感がありません

ただ互換トナーも
メーカーと関係ない業者が製造しているので

品質や信頼度は落ちます
このあたりはリサイクル業者と通ずるものがあります

初期不良の対応
修理の時の不安
会社の規模からの提案力などチェック

 

 

>>> コピー機の正しい選び方

本体選びはもっとも重要!全体像を知らなければ損します~まずは選ぶべきメーカーは3社

>>> 小型コピー機

変な保守契約も結ばなくてもいいのでオススメ!