コピー機のトナーは難しい

コピー機トナー

トナーキット
カウンター契約

コピー機のトナー選びは制約があるのか

トナー代金と保守契約を混合したトナーキット
1枚単価にトナー代や保守料金などで算出したカウンター契約

これがコピー機で代表するトナーの形です
トナーというより保守契約の色合いが強いです

メーカーのカタログにトナーと保守の別々の契約が
小さく記載されていることが多いですね

電話してみると
非常にこの方式には消極的です

トナーキットですが
この価格体系ですが

2,500枚で
2万5千円

5,000枚で
4万円以上

10,000枚で
7万円以上

だいたいこんな感じが多いです
非常に高額です

共通トナーなら
10,000枚で1万円ほどであるのですが。。

カウンター契約ですが
1枚単価で表現しています

例えばですが月間5,000枚使用とすると
1枚単価5円で月間料金が25,000円

この中に保守やトナー代金が含まれている
一見トナー代金が見えないのでお得だ

って思う人もいるみたいですが
逆です

完全に固定されるので
5年間なら安いトナーを見つけようが

どうであれ
販売者もしくはメーカーの安定になります

コピー機トナーは
激安トナーがあるのに使えないのは厳しいですね